SKD_033.jpg

精密根管治療

Root canal treatment

根管治療とは

虫歯が進行すると細菌が歯髄(歯の神経と血管の集まり)に感染し、強い痛みや腫れを引き起こします。

感染が進行していくと最終的には歯を抜かなければならくなるため、なるべく早い対処が必要となります。

 

根管治療とは歯の根管の中にある感染した歯の神経細菌過去に詰めた古い充填材等を除去し、殺菌していく歯科の治療法です。

万が一細菌を残した状態で被せ物等の封をしてしまうと、根の中で細菌が増殖して後々症状が悪化するケースがあるため、根管治療は根気よく丁寧な処置が必要となります。

しかしながら神経を抜いた歯は脆くなってしまうため、残せる状態であればなるべく神経を残した方が良いに越したことは言うまでもありません。当院では虫歯の進行を見極めたうえで、出来る限り神経を温存する歯髄保存療法という治療法もご提案しております。

根治1.jpg
マイクロスコープを用いた根管治療

​歯の根は人それぞれ形が異なる上複雑な構造になっており、細菌を完全に取り除くことは困難です。

一般的には肉眼で根管をみることはできないため、レントゲン等を参考にしながら勘を頼りに手探りで根管治療を進めていきます。

そうなると、細菌が取りきれず再治療が必要になってしまうことも。

しかし、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使うと根管の中の観察が可能になり、感染源の取り残しを減らすことで根治の成功率は格段に上がります。当院では全ての患者様に高度な治療を提供したいという思いから、マイクロスコープを使用するための特別な費用は頂いておりません。

治療の流れ
根治2.jpg
❶根管治療

感染した神経やボロボロになった象牙質、たまった膿などを掻き出して丁寧に取り除いていきます。

❷殺菌・仮封

管の中を薬剤で殺菌し、洗浄します。

消毒薬を詰め仮の蓋をします。

2〜4回程度の通院で❶と❷を繰り返し行います。

根治3.jpg
❸根管充填

​十分に殺菌が出来たら根っこの先までガッタパーチャ(樹脂状の防腐剤)を詰めて密閉します。こうすることで歯の機能を維持させます。

根管の封鎖が不十分だと、再感染する恐れがあるためしっかりと密封させる必要があります。当院ではより封鎖性の高いMTAセメントを使用した根管充填も行っております。

根治4.jpg
​❹補綴治療

土台になる柱をつくり、型を取って被せ物を装着します。

通院回数は1〜3回です。被せ物の種類により異なります。

​治療を中断して先延ばしにすればするほど歯を失うリスクは高まります。根管治療は時間が必要となりますが、大切な歯を残すために根気よく最後まで通院することが大事です。

 

​MTAを使用した根管充填

根管治療で歯の神経を取ると根管内は空洞になり、その空洞をしっかりと封鎖剤で埋めることで歯の機能を維持させることができます。

この時、しっかりと根っこの先まで隙間を塞ぐことができなければ、数年後に再び感染してしまう恐れがあります。
保険診療では「ガッタパーチャ」と呼ばれる樹脂製の密封剤で根管内の隙間を塞ぎますが、根管内は複雑な構造になっているため密封しきれず再感染してしまうケースもあります。

当院では、再感染のリスクを大幅に軽減させる「MTAセメント」と呼ばれる歯科用セメントを用いた治療法もご案内しております。

MTAセメントは歯と直接接着できるため高い封鎖性があり、細菌の侵入を防ぐことができます。また、強い殺菌性や、歯の組織を再生させる効果も期待できるため、治療後の経過が非常に良好になります。それでいて生体親和性も高いため体に優しい素材といえます。

MTAセメントを使用した根管治療は自費診療となります。歯の状態に応じ一つの治療法としてご提案しておりますのでお気軽にご相談ください。

MTA根管充填費用

¥48,400 ( 税込 )

MTA.jpg
​歯髄保存療法

歯髄とは、歯の最も内部にある歯の神経や血管の集まりのことで、歯の寿命に大きく関わっています。

歯髄は感覚機能があるため、むし歯菌に感染した際痛みを感じることで早い段階で気づくことができます。

しかし歯髄がない状態だと細菌に感染したことに気づかず、深刻な状態まで虫歯が進行してしまうことがあります。

さらに栄養が供給されなくなることに加え、壊死した歯髄を除去するために歯を削ることで厚みが薄くなるため、枯れ木のような折れやすい状態になります。

この歯髄の有無で健康な歯を維持できるかがどうかが大きく変わるため、可能な限り残すに越したことはありません。

当院では、MTA(歯科用セメント)を使った歯髄保存法を行なっております。

歯髄保存法とは露出した歯髄をMTAセメントで封鎖し、細菌の進入を防いで歯髄を保存する治療です。

MTAとはケイ酸カルシウムを主成分としており、乾燥すると中性になるため体に害がなく生体親和性も高い安全な材質です。​高い封鎖性適合性殺菌性が認められ、歯髄の保存治療の高い成功率が臨めます。

従来は水酸化カルシウムを主成分とする材質を使用していますが、MTAの方が良質な保護膜を形成することができ、MTA自体が歯と接着するため、細菌の侵入を食い止める働きもあります。

【治療上の注意点】

MTAはどんな症例にも適応できるわけではありません

 何もしなくてもズキズキ痛む(自発痛がある)、温かいもので痛むなどの炎症歯髄や感染歯髄は非適応症となります。

 

100%神経を残せると言うわけではありません

 歯の状態によっては、歯髄保存治療後に歯髄の炎症等により抜髄処置が必要になる場合があります。

 

●治療直後は歯がしみる場合があります

 治療の直後は、一時的に歯が過敏になり冷たいもの等でしみたり痛む場合があります。

MTA直接覆髄

¥48,400 ( 税込 )