一般歯科/小児歯科

general dentistry  child dentistry

できる限り歯を抜かず、ずっと自分の歯で噛めるように

当院では担当制を設けており、患者様のお口のお悩みやご相談をしっかりとお伺いするようにしています。

そして患者様お一人お一人に合わせて、保険診療や自費診療を含めた総合的な治療のご提案をするよう心掛けております。

 

歯を失う主な原因は、虫歯による歯の崩壊・虫歯を放置することで起こる歯の根の病気・歯と歯茎の間にプラークや歯石がたまることで歯を支える骨がなくなってしまう歯周病があります。
当院では、可能な限り歯を抜かずに、御自身の大切な歯を保存し機能させていくことを目的とする歯科保存治療を積極的に行なっています。

​全ての方にマイクロスコープを用いた治療を行うことで、より高度な歯科保存治療の提供を目指しています。

歯の欠損部を修復

根管治療

歯の根の治療

歯を支える組織の治療

マイクロスコープ

_72A1667_edited.jpg

全ての方に精密治療を

マイクロスコープとは、最大20倍まで拡大できる高精度の歯科用顕微鏡です。

肉眼では確認できない細部や隠れている根管まで視ることができます。

当院ではマイクロスコープを保険診療や自費診療の分け隔てなく使用しており、より高度な治療を全ての患者様に提供いたします。使用に際して特別な費用はいただいておりません。

また、術後にはマイクロスコープを通して撮影した映像をお見せしながら治療の説明を致します。

どのような治療を行なったのか患者様に見て頂くことで治療へのご理解を深め、ご自身の歯に関する意識を高めて頂くきっかけになればと思います。

●肉眼では確認できない虫歯の早期発見​

●虫歯の箇所を見極められるため、削る箇所を最小限に抑える

●根管治療の精度が高まり、歯を残せる可能性が上がる

​●詰め物や被せ物の隙間を残さず細菌の侵入や不適合を最小限に抑える

1023 山口さんファイル除去 (1)
1023 山口さんファイル除去 (1)

press to zoom
1023 山口さんファイル除去
1023 山口さんファイル除去

press to zoom
1023 山口さんファイル除去 (1)
1023 山口さんファイル除去 (1)

press to zoom
1/2

マイクロスコープの有効性

 

笑気ガス(笑気吸入鎮静法)

歯科治療に対する恐怖を軽減

当院ではご希望される方に、笑気ガス(低濃度笑気吸入鎮静)を使用して治療を行なっております。

​笑気ガス(低濃度笑気吸入鎮静)とは、笑気という気体を酸素と混ぜたもので、鼻から吸引することで鎮静作用と鎮痛作用が期待されます。鼻の上に小さなマスクを乗せて吸い込むだけでリラックスして治療を受けていただけます。(作用には個人差があります)

​また鎮静効果の発現在と消失が速やかなので、吸入を止めればすぐに元の状態に戻るので安心です。

 

歯医治療に強い恐怖や不安を抱いている方、嘔吐反射が激しい方やじっとできずに治療が難しいお子様にもご使用いただいております。但し、著しく鼻の詰まっている方や2歳以下のお子様は対象外となります。

笑気ガスの使用は保険診療適用となります。担当医師や衛生士にお気軽にご相談下さい。

笑気ガスは正式には亜酸化窒素(N₂O)といい、吸引麻酔薬の一種です。30%以下の濃度の笑気と70%以上の濃度の酸素を混ぜているため、呼吸器や循環器にほとんど影響を与えず、肝臓にも負担をかけません。子供から大人まで安心して吸引していただくことができます。

0159_xlarge.jpg

​ラバーダム

再感染を防ぎ、治療の質を高める

_72A1481.jpg

ラバーダムは、ゴム性のシートで治療する歯以外を覆うことで、唾液などの水分や細菌が治療箇所に入らないようにするために使用します。当院では主に小児治療の際に使用しています。お子様は唾液量が多く、また舌が動いて器具に触れることを防ぐためです。お子様に限らず、再感染防止の観点から根管治療の際にも利用することがあります。

他にも以下のようなメリットが挙げられます。

・唾液による再感染を防ぐ

・舌や頬が強く押されることなく、傷付けない

・水分を遮断し、接着性が高められる

・歯医者治療時の水が喉まで入るのを防ぐ

raba3.JPG

小児歯科

0057_xlarge.jpg

​お子様の歯と口の健康を守るために

歯は一生ものです。乳歯は永久歯に生え変わりますが、永久歯は抜けてしまえば生え変わることはありません。

では、永久歯になってからしっかり虫歯対策をすればいいかといえばそういうことは全くありません。健康な永久歯をつくるには乳歯の頃から虫歯にさせないよう、歯科医院でのプロケアとご家庭でのセルフケアを継続して実践することが必要です。

正しいお口のケアをお子様のうちから習慣化し、生涯歯やお口のことで辛い思いをしないよう、私たちと一緒にお子様のお口の健康を守っていきましょう。

なぜ乳歯の頃から予防が必要なのか

虫歯は虫歯菌による感染症です。乳歯に虫歯があると、口の中の虫歯菌も増え、新しく生えてきた永久歯も虫歯になりやすくなってしまいます。

また、虫歯などで乳歯を早期に抜くようなことになると、その後に生えてくる永久歯が動いてしまい、その後の歯並びに影響する場合があります。

 

お母さんと子供

歯医者の​プロケア

​セルフケア

クリーニング

フッ素塗布

シーラント 等

歯科での指導を受け

歯磨きやお手入れを

実践する

定期的な検診

初めて歯医者に来るお子様や、嫌がるお子さんの場合はいきなり治療を行うのではなく、口を開けて見せてもらう練習や、慣れてきたらミラーなどの器具をお口に入れる練習など、できることを増やしながら徐々に歯医者に慣れてもらうところから始めていきます。​

歯医者=嫌なことをされるという認識にならないよう、お子様の成長に合わせて治療を行なっていきます。

また、歯並びや食生活など総合的な観点からお子様のお口の健康を考えていきます。どうぞお気軽にご相談下さい。

虫歯治療・歯の怪我

ラバーダムを使用して、

質の高い治療を提供

フッ素塗布

歯の再石灰化促し、虫歯予防

​効果のあるフッ素を塗布します

シーラント

溝の深い奥歯に樹脂を埋め

​汚れがたまりにくくします

歯並び矯正

歯並びや歯の生え変わりに

​ついてもご相談ください

クリーニング

歯ブラシでは取りきれない

​歯石を除去していきます

歯ブラシ指導

お口の状態に合わせた

口腔ケア​の指導をします

担当制

担当が変わらないので

信頼関係を築きやすい