補綴治療

Dental prosthesis

補綴治療とは、歯を失った部分を補う治療のことです。大まかな種類としては被せ物・入れ歯・インプラント等が挙げられます。

抜けたり欠けたりした歯をそのままにしておくと噛み合わせが悪くなるだけでなく、余分な負担がかかる他の歯の寿命にも影響を及ぼします。

また、顎がずれてきたり噛む力が衰えることにより全身の健康へも影響が出てきます。よく噛まずに食事をすることで消化器官に負荷がかかったり、脳への刺激が減って認知症を引き起こす要員にもなりかねません。

当院では、保険診療と自費診療の補綴物を扱っています。患者様のお口の状態やご希望をお伺いし、総合的な観点から患者様に合った治療法を提案致します。

CERECシステム

セレックシステムとは医療先進国ドイツで開発された、最先端の歯科医療機器です。

コンピューターによって被せ物や詰め物を設計・製作するCAD/CAMシステムで、専用の光学カメラで歯型を3D撮影してその場でブロックを削り出してかぶせ物が作製できます。

従来の方法では、型取りをしてから詰め物や被せ物をセットするまで約1週間の期間を要していましたが、CERECシステムでは最短1時間程度でセットが可能です。

​当日セットのメリットは、治療にかかる時間の短縮だけでなく、仮歯期間の再感染リスクが低いことや、寸法変化が起きずぴったりと装着することが可能ということも挙げられます。

但し、長さのあるブリッジや、特殊な歯の色合い、素材によってCERECでは作成できない場合は技工所に作成を依頼することがございます。

 従来の方法 

セットまでに約1週間かかる

​印象材(粘土のようなもの)で歯型をとる

仮封の必要あり

感染のリスクあり

​金属アレルギーの可能性あり

 CERECの場合 

当日最短1時間でセット可能

光学カメラでの読み込み

仮封の必要なし

感染リスク少ない

生体親和性あり 

01/

​スキャン(型取り)

歯を削り形を整えたあと、3D光学カメラで口腔内を撮影(スキャン)します。
スキャンすると患部の歯列がモニター上に3Dで再現されます。撮影はわずか数秒で終わります。

02/

設計

再現された3Dの歯列を元に画面上で修復物を設計します。
モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を行い、理想的な形にしていきます。

 

03/

修復物作成 

設計したデータを元に、修復物を精密に作成していきます。

様々な色のセラミックブロックから最適なものを使用し、ミリングマシンという機械で削り出しを行います。

 

04/

セット

削り終わった修復物を研磨し、口腔内にセットします。

高さなどを調整したら接着させて終了です。

※税込表示となっております

※口腔内状況や治療内容によって金額が変更する場合がございます

//Price//

CERECインレー

44,000円

CERECインレー複雑

63,800円

CERECクラウン前歯

74,800円

CERECクラウン臼歯

74,800円

 

セラミック治療

​美しさと機能性の調和

セラミック治療は、虫歯などで失った歯をセラミックで補う治療法です。

セラミックは患者さま一人一人に合わせた天然歯と同じような質感・色を再現できるため、治療した歯がわからないほど自然な口元へと近づけることができます。

自費診療となりますが、保険適用のプラスチック(レジン)のような変色がなく、また強度が強いため長い期間美しい状態で維持することができます。

IMG_20210226_125435_edited.jpg

◉金属アレルギーでお困りの方​にも

銀歯は数種類の金属を混ぜた合金でできており、長い間使用しているとその中のパラジウムやニッケルなどがイオン化して溶け出します。

溶け出した金属イオンは体に蓄積され、それが過剰になることでアレルギー反応が起こるとされています。

アレルギー反応は口内炎等の口腔内の症状だけではなく、全身の皮膚に炎症が現れることもあります。

人によってはずっと治らなかった湿疹が、銀歯を除去することで完治につながるケースも。

金属とは違い、セラミックは身体に影響のない安全な素材です。

金属アレルギーの方、原因不明の湿疹等の症状が長らく続いている方は一度ご相談ください。